TOEIC®TEST対策Aコース講座会員募集中


TOEIC® TEST500点目標対策 
及び TOEIC Bridge®対策

TOEIC® TESTAコース

e-Learning Net会員講座版

新バージョン 本講座版

「Net会員」募集中
(合格保証なし)
(本講座版/e-learningでのご提供)

○特別割引一括価格


500点の学習時間を大幅に短縮する
新編成ソフトです

1年間

特別価格54,000円(税込・送料込)

6箇月

特別価格32,400円(税込・送料込)

※e-learning版(Net会員)の学習有効期間は、
購入月の翌月1日から起算します。
例えば、学習有効期間が1年間の場合、2015年5月3日に
ご購入された方は、2016年5月31日まで学習できます。

例えば、学習有効期間が6箇月の場合、2015年5月3日に
ご購入された方は、2016年11月30日まで学習できます。

お申し込みはこちらのページをクリックして下さい

※TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service(ETS).
This website is not endorsed or approved by ETS.



○こんな英語がしたかった。 TOEIC Bridge®
のスコアーは、
最高点が180点

 リスニングは、PART1~3で総問題数は50、最高スコアは90点。
 リーディングは、PART4~5で総問題数は50、最高スコアは90点。
 合計スコアーは、180点。中学生の英語力でスタートして完全習熟されれば、最低でも150点がとれる内容になっています

 習熟後は、TOEIC® TESTチャレンジして下さい。TOEIC® TEST用の「単語・熟語3000」を習熟されただけで軽く600点は超えられるはずです。

○完全習熟プログラム 80~120時間

パート1-A 基礎編(絵描写・660英文習熟)
       B 
問題編(絵描写・660問題演習)
パート2-A 基礎編(応答文・370英文習熟)
       B 問題編(応答文・370問題演習)
パート3-A 基礎編(会話談話・1460英文習熟)
       B 問題編(会話談話・380問題演習)
パート4-A 基礎編(文法・語彙・700英文習熟)
       B 問題編(文法・語彙・700問題演習)
パート5-A 基礎編(長文読解・3500英文習熟)
       B 問題編(長文読解・230問題演習)

※TOEIC BRIDGE is a registered trademark of Educational Testing Service(ETS).
    This website is not endorsed or approved by ETS.

 

TOEIC® TEST対策 WebテストAB 2014/4/11 このページのトップへ
e-Learning(Net会員) (合格保証なし)
  • WebテストA 5回セットA(60分) 3,240円(送料込み)ご利用期間:1箇月
  • WebテストA 5回セットB(60分) 3,240円(送料込み)ご利用期間:1箇月
  • WebテストB 4回セットA(65分) 3,240円(送料込み)ご利用期間:1箇月
  • WebテストB 4回セットB(65分) 3,240円(送料込み)ご利用期間:1箇月
  • Part別WebテストA  4,320円(送料込み) ご利用期間:1箇月
  • Part別WebテストB  4,320円(送料込み) ご利用期間:1箇月
   ※WebテストABは、それぞれ、TOEIC BRIDGE® TEST、TOEIC® TESTのスコア換算機能が付いています。
    ただし、Part別WebテストABには、スコア換算機能は付いていません。
▲お申込みになる教材にチェックをいれ、こちらをクリックして下さい。お客様情報入力へ
  ※TOEIC BRIDGE is a registered trademark of Educational Testing Service(ETS).
    This website is not endorsed or approved by ETS.



+

TOEIC®TESTのベーシック版

TOEIC®TESTで450点を実力で取れる「英語力」を目的にしています。

 TOEIC®の基礎「英語コミュニケイション能力」を体系的、客観的に評価するためにアメリカのTOEIC協会で開発され、全世界で実施されている検定試験です。
いま、全国立大学卒業時の平均スコアは、推定ですが、450点くらいです。しかし、試験は解答A,B,C,D4択問題形式ですから、990点満点中全部Aにマルをつけても250点前後がとれます。ですから450点と言っても本当に「わかっていて」つまり実力でとれた点数は300点くらいと推定できます。 TOEIC®は、実力TOEIC®TESTでスコア450点に満たない方に受検してもらうための、いわばTOEIC®のジュニア版としての検定試験です。

日本人にもっとも不足している「日常使う英語」の学習指標

 アメリカ人はもちろん、フィリピン人やシンガポールの子供たちが誰でも使える「基礎英語」を、日本人はいちばんニガテとしています。現地では誰もが使う「基礎的な英会話」が日本人にとっては、明快に聞き取れません。
中学校で習い始めてから大学を出るまで「英会話」「英語を聞く」機会がないからでしょう。
TOEIC Bridge®で出題されるリスニングは全部で2000文例くらいです。これだけ徹底的にトレーニングすればTOEIC Bridge®のリスニングは満点です。そして英会話力は、おもしろいほど向上します。
また、文法・語法、そして「英文」も「日常使うもの」ばかりです。これらをしっかり身につければ、英語圏での生活にほとんど不自由しません。
日本人は大学入試の英語などとびきり難しい「英語」の勉強はしてきていますが、TOEIC Bridge®のように本当に日常のコミュニケーションに欠くことのできない「基本英語力」が極端に不足していると、いくら「難しい英語」を勉強しても「あたりまえ」のコミュニケーション能力が付きません。
TOEIC Bridge®は日本人にとっては、待望の「使える英語力」の指標です。

TOEIC Bridge®テストについて

TOEIC Bridge®テストの概要は以下のとおりです。
より詳しい情報、検定受験お申し込みについては、公式WEBページをご覧下さい。

受験資格

  • 誰でも受けられますが、目安としてTOEIC®テストのスコアが450点以下の方

試験日

  • TOEIC Bridge®テストは年4回(3・6・9・11月)、札幌・仙台・埼玉・千葉・東京・神奈川・ 名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡の学校・公共機関の施設を会場として予定しています。

受験料

  • 4,200円(税込み)

受験者数

TOEIC Bridge®総受験者数
年度     IP   公開テスト     合計    対前年度 伸び率(%)
2001    1,600     900      2,500
2002    15,600    4,100     19,700    688%
2003   49,700    5,500     55,200    180%
2004    78,700    4,600     83,300    51%
2006    125,300   3,600    128,900    18%
2007    151,000   4,000    155,000    20%
2008    170,100   3,900    174,000    12%

※注 (1) 2008年度の数値は百の位を四捨五入したもの。2007年度以前の数値は十の位を四捨五入したもの。
    (2) 団体特別受験制度(IP:Institutional Program)・・・企業・大学などの団体が、所属社員・学生を対象に随時実施する受験制度  公開テスト・・・TOEIC運営委員会の管理下で年4回実施し、個々人が直接申し込みをする受験制度


プログラム1 「リスニング」

【PART Ⅰ】

 全部で15問題。いずれも「写真」をみせられ、A,B,C,D4つ「英文」がアナウンスされ、そのうち、どの英文がその「写真」を説明しているかを選ぶ試験です。 TOEIC Bridge®に出る「単語」は約1,200語です。その中で上の「英文」の同一類例文が作れるのは限定されます。

drinking, hiking, fighting, dancing, singing, running, standing, sitting, speaking, walking, working, jogging, driving, swimming, coming, eating, listening, leaving, playing, resting, talking, sailing, teaching, turning, waiting, drawing, skiing, skating, skipping, smiling, rushing, traveling, climbing, picnicking、painting, sleeping, sweeping

 以上、37の単語の「演習英文」しか作ることができません。
この37の単語を使った「第1問目」類題演習を100%聞き取れるように繰り返しトレーニングを積み重ねれば、【PART Ⅰ】の「第1問目」は、確実に正解できるようになりますね。
こうして、2問目~15問目までそれぞれ40英文、全部で600英文を徹底的にリスニング演習をすれば、【PART Ⅰ】の15問題は、いつでも満点正解できます。

【PART Ⅱ】

 全部で20問題。いずれもカンタンな「英語での質問文」がアナウンスされ、その後にA,B,C3つの「答えとなる英文」がアナウンスされます。その3文のうち、どの「英文」が、質問に対する答となる英文かを選ぶ試験です。

◆「英語での質問文」
Thank you for the beautiful flowers.

◆「答えとなる英文」
A.You’re very welcome.
B.The roses please.
C.In the garden.

 これらも最初にアナウンスされる英文や「質問英文」のパターンは、各問題に20の類例文程度で100%に近い演習ができます。質問文だけで360英文、その答の英文も1440種類あります。これだけの完全習熟のトレーニングをすれば、もちろんPART2の20問も満点がとれますね。

【PART Ⅲ】

 全部で15問題。最初にカンタンな英文で「質問とその答えとなる回答文A,B,C,D4つ」が書かれたペーパーが配布されます。それに対してA,B,C,D4つ問題形式は2種類あります。一つは「二人のカンタンな会話文」もう一種は「3行くらいの文章」がアナウンスされます。そのアナウンスを聞いてそのペーパーでの質問にA,B,C,Dいずれか1つを選ぶ試験です。

問題例1
◆「質問」
W: May I help you?
W: Our coat department is on the second floor.

◆「その答え」
A. In a store.
B. In a restaurant.
C. In a factory.
D. In a library.

 以下のような会話英文を聞いてその答としての英語の「語句」を4つから選ぶパターンは8つです。
でも類例の会話文は約500文例あり、それらを単独に、あるいは問題としてすべてを演習することによって、ほぼ満点が取れます。

問題例2
◆「会話英文」
Now, for today’s weather. Today will be rainy and warm.
Expect the rain to continue all day and throughout the week.

◆「質問」
What is today’s weather?

◆「その答え」
A.Sunny.
B.Cold.
C.Snowy.
D.Rainy.

 これは「天気」についてのアナウンスです。
【PART Ⅲ】の文章アナウンスパターンは、「ツアーでのリーダーから」「授業での先生から」「テレビでの番組案内」「レストランでウェーターから」「会社や団体のリーダーから」「クラブ等のリーダーから」「空港や駅でのアナウンス」など15を超えるシチュエーションでのアナウンスや案内に対して、その概要を把握する試験です。
これらもそれらのシチュエーションごとに20例文程度、全部で300例文を完全習熟してしまえば、確実に【PART Ⅲ】はすべてに正解できます。


プログラム2 「文法・語法」

【PART Ⅳ】

 全部で30問題。文法、語法問題です。1行くらいの英文中に1つ空欄があります。その空欄に入るべき英語の「語句」がA,B,C,D4つあります。その中から正解となるものを1つ選ぶ試験です。

【問題例1】
Last year、Mary and Helen __________ bicycles in Amsterdam.
A. rent B. to rent C. rented D. renting

【問題例2】
To get to the lobby, go __________ the doors at the end of this hallway.
A. above B. under C. through D. down


プログラム3 「英文読解」

【PART Ⅴ】

 全部で20問題。各問題には英語で書かれた「案内文」「掲示板」「グラフ」「新聞記事」「手紙」などがあり、10~15行くらいを読み、その内容についての短い質問が英文で書かれています。その下にA,B,C,D4つの回答があって、その中から正解を1つ選ぶ試験です。

【問題例】
Question 83-84 refer to the following invitation.
-------------------------------------------------------------------------
The Centerville Arts Council
Invite you to its annual dinner
At the Centerville Country Club
On Saturday,December 17,at 6:30 p.m.

Featuring
FranklinB. Nelson,
Who will speak about
Strategies for selling art.

Mr. Nelson is a local artist and the owner of Centerville Art Gallery Some of this paintings will be displayed at the Country Club.
There will also be a special performance by the Abelard University Orchestra.
-------------------------------------------------------------------------
What kind of event is this?
A. A meal. 
B. A play. 
C. A class. 
D. A wedding.

Who is Franklin B. Nelson?
A. A writer. 
B. An actor. 
C. A painter. 
D. A musician.


■ 超速習を実現するワンタッチ入力

 ところが,時間が経過するうちに,あれだけしっかり覚えたはずの語句も曖昧になってきます。時間の経過とともに忘れていくのです。この現象をグラフで表したのが『忘却曲線』です。忘れかけた頃に要所要所でTESTINGをして,忘却した語句を見つけだし,またTRAININGをして忘却曲線を立ち上げ,『もう忘れることはない』と判断するまでこのTRAININGをくり返し,いつか100%習熟させてしまうのです。この忘却曲線の応用機能こそが,信じられないスピードでの完全習熟を可能にしたのです。単熟語を完全にマスターすれば,英語学習が飛躍的に進みます。

160点超までの習熟プログラム

 いま、TOEIC®TESTのスコアが、600点くらいの方は60~120時間で完全習熟できます。
普通科の高校生で英語の学力が平均的なら、150~250時間、中学生の場合、早い生徒で200~300時間、本当の初心者なら300~500時間で完全習熟ができます。
1.画像描写問題 (合格番号:4種類x2=8個)
2.応答問題 (合格番号:2種類x2=4個)
1.基礎編A / 2.基礎編B / 3.問題編A / 4.問題編B
3.会話問題 (合格番号:4種類x2=8個)
4.文法・語彙問題 (合格番号:2種類x2=4個)
1.基礎編 / 2.問題編
5.読解問題 (合格番号:2種類x2=4個)
1.基礎編 / 2.問題編

※習熟プログラムの項目等は変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

動作環境

CD-ROM・eラーニング 共通スペック

OS Windows 98SE、2000、Xp、Vista いずれも日本語版が動作するPC/AT互換(DOS/V)機
Windows95/Me/NT4はサポート対象外

CPU Intel Pentiumプロセッサ(または同等の)400MHz以上を推奨

メモリ 128MB以上(256MB以上を推奨)

ハードディスク 500MB以上の空きが必要(2GB以上を推奨)

ディスプレイ 1024×768ドット以上、256色以上の表示が可能な機種 (65536色以上推奨)

サウンド Windowsがサポートするサウンドカード、スピーカー(あるいは、ヘッドホーンまたはイヤホーン)が 必要です。

CD-ROM版
CD-ROM 倍速以上のCD-ROMドライブ

在宅会員申し込み方法

■ お早めにお申し込みください

受付次第,IDとパスワードを宅配便でお届けします。

■ お支払い方法は現金またはカードでの代引きです

お届けした際,合格保証付き 特別割引価格税込を宅配便会社の配達員に「現金」または「カード」をお支払いください。

■ クーリングオフ

ご入会後10日以内であれば,それぞれ1枚目のソフトを開封使用済みでも解約できます。お支払いになった代金の返金はお申し出後3週間程度です。その場合,本ソフト等の返却宅配便代金(1.000円程度)はお客様のご負担となりますので,予めご了承ください。

商品のお申し込み

 TLTソフトをお求めのお客様は、当販売代理店の こちら  のページで必要事項をご記入のうえ、送信ボタンを押してください。注文メールが送信されます。注文メールの送信と同時に、注文受付確認メールがお客様のeメールアドレスに送信されます。お支払方法は、料金引き換えのみで、料金引き換え時にはクレジットカードによるお支払いもできます。

Newton TLT版注文
同ページの記入手順
①ご注文教材の対象講座名(TOEIC Bridge®)をクリックして下さい。
②「お申込み」の支払い条件の窓をクリックして下さい。
③下欄の「お客様情報入力」欄の各項目のご記入をお願いします。
④「内容を確認する」をクリックして下さい。
⑤内容欄のご確認後、ご送信して下さい。

ご注文後の注意事項
①ご注文後の、商品の発送・アフターケアの一切は、全てNewton社で行います。
カスタマーサポート TEL 0120-21-6071
②お申込みから1週間が経過しても商品が届かない場合は、お手数でも当代理店にご連絡ください。
③不良品やクーリングオフの場合は、お手数でも当代理店までご連絡ください。

▲ページ上部へ